気楽に始める自営業!お薦めの職種は自由業!

自営業と自由業の違い!

自営業と自由業は非常に似ている言葉ですが、厳密に言うと少し違います。企業に属さないで、独立した仕事であるという点は同様です。自由業の「自由」は好きな時間に好きなところでできるというような意味になりますので、魚屋さんや八百屋さんとは違ってきます。米屋や薬屋は自営業と呼ばれますが、自由業とは呼ばれません。漫画家や脚本家、評論家や翻訳家など営業時間に括られない仕事が自由業というものなのです。縛られることのない自由業で自営したいと考える人も多いようです。

満足いく仕事で独立しよう!

毎日朝起きて決まった時間まで働いて帰宅する、そんなサラリーマンの生活に満足出来ない人もいるでしょう。自分にアイディアがあるのにも関わらず、そのアイディアが会社では活かすことができないということもありますよね。サラリーマンとして働いているが、実はコラムニストやライターとしての能力を持っている人もいます。そうした能力を発揮できる職場ではなかったり、配属してもらえない場合もよくあることですよね。今置かれている環境が満足できないという人が、自営を目指して独立することも多いんですよ。

自営業を選ぶなら自由業!

小説家や作詞家なんいうのも自由業ですね。時間にとらわれることなくできる職業は皆自由業と言えます。自由業の良い点は、ペン一本、パソコン一台あれば、気楽にできるところにあります。作曲家なら楽器一台、書道家なら筆一本と道具ひとつでやっていけるのが自由業というものでしょう。自営業を始める上でも、自由業を選べば本当に好きな職業に進むことができるんです。だたし、儲かるかどうかという問題は、本人の努力や才能に左右されることとなりますよ。

若い起業家やお金が無い起業家の力になってくれるのがフランチャイズ経営だと思います。経営のノウハウや知識を教えてもらえるので、安心して起業出来ます。