効率良く引越を完了させる【3つの片付け技術】

荷造りの順番を決めておく

引越する際、荷造りを計画なしに済ませることができません。順序なしに荷造りをしてしまうと、どこに何があるか分からなくなる、またはダンボールの無駄遣いをしてしまう可能性があります。そうならないためにも、まずは荷造りをする順番を決めておくと良いでしょう。順番は、引越する時までに不必要なものから始めると良いです。逆に、引越当日は『必ず使う』というものは最後に済ませましょう。これによって、スムーズに荷造りすることができ、無駄なく済ませます。

荷造りされたダンボールには目印を!

ダンボールに物を詰め込むだけでなく、そこに『何が入っているのか』の目印をつけておくと良いでしょう。こうすることで、引越後の荷解きの際、必要な物をすぐに取り出すことができるので、探す手間を省くことができます。また、引越先の家の『どの部屋に置いてほしいか』も目印で指定しておくと良いです。この目印は引越業者の方がチェックをし、効率良く荷物を運んでもらうためのものです。こちら側から指示する必要がないため、負担はお互い激減すると言えます。

引越を気に部屋を綺麗に保つ

荷解きすると同時に、部屋を整理整頓しながら荷物を配置すると良いでしょう。片っ端からダンボールを開けるのではなく、必要なものから取り出し、少しずつ配置していきます。これによって、部屋がぐちゃぐちゃになることなく、整理整頓された状態にできます。この荷解きは『必要なもの』から取り出すことがオススメです。逆に『必要ではないもの』は、そのままダンボールに入れっぱなしにし、倉庫に入れておくと手間が省けます。無理に荷解きする必要はない、と考えておくと良いです。

引越しや片付けでたくさんの不用品が出た時には不用品の回収を利用してみましょう。インターネットや雑誌などで業者さんを選び、安心して信頼して託すことができるところを選ぶと良いです。